熱風式自家焙煎

 

 

スペシャルティコーヒー


今月の珈琲

インドネシア マンデリン トゥルーブルー


インドネシアのコーヒーを代表する銘柄『マンデリン』

 

このトゥルーブルーはダークチョコレートを思わせる香りとやわらかな甘みが長く続きます。

コーヒー豆の粒が大きく密度がぎゅっと詰まっているので、とても濃厚な風味を感じます。ブラックで飲むとほろ苦い香ばしさを、ミルクや砂糖を入れるとより深いコクを味わえます。

一般的にインドネシアのコーヒーはしっかりした味わいがミルクと相性が良く、カフェオレにしたり甘いお菓子と合わせたりと寒い冬に人気が高まります。

今回おすすめのペアリングは『チーズケーキ』。濃厚な味わい同士、コーヒーの苦みとチーズの甘みが口の中で溶け合い、このペアリングならではの深いコクが生まれます。

 

冬は体があたたまる濃い味のコーヒーが飲みたくなりますね。2018冬はインドネシアのコーヒー豆を充実させたいと思っています。今年もよろしくお願いいたします(^^)



お知らせ


 ★コーヒー定期便のご案内★

 

一度お申込みいただくと、毎月自動で熱風式焙煎コーヒーがご自宅に届く便利なシステムです。

 

・ドリップバッグ定期便

・コーヒー豆定期便

の2コースからお選びください。

 

コーヒー定期便の詳細は、

 

こちらからご覧ください。



熱風式自家焙煎


焙煎には「直火式」と「熱風式」のふたつの方式があります。

アビステラコーヒーでは熱風を送りながら豆を煎る熱風式焙煎を採用しています。

豆全体に熱が伝わり、膨らみやすくムラなく均一に焙煎できるのが熱風式の魅力です。

 

使用するのはコーヒー豆のまろやかな甘みを引き出す珈琲焙煎機 NOVO MARKⅡ

電気プログラム焙煎で生豆に合わせて最適な焙煎プログラムを選びます。

さらに焙煎と同時にチャフ(シルバースキンと呼ばれる生豆についている薄い皮。焙煎の熱によって剥がれます)を除去するシステムで煙が少なく、それぞれのコーヒー豆の持つ香りや風味を最大限に引き出します。

 

コーヒー豆の生産地と焙煎による味の違いを、ぜひ体験してください。

スペシャルティコーヒー

★アビステラコーヒーはスペシャルティコーヒー専門店です★




コーヒー豆知識⑭

 

カフェインレスコーヒー

 

カフェイン含有量が少ないコーヒーのことを『カフェインレス』や『デカフェ』と言います。日本では明確な基準はありませんが、海外では0.1%など一定の基準未満と定められているようです。

 

カフェインレスコーヒーを作るとき、コーヒー豆の状態でカフェイン除去します。水や抽出液に浸す方法が一般的ですが、近年“超臨界二酸化炭素抽出”という方法が主流になりつつあります。

これは比較的新しい方法で、二酸化炭素によってカフェインを効率的に抽出→除去できるため、他の成分を壊さないことや空気中に自然に存在する二酸化炭素を使用することから安全性の高い方法として注目されています。

 

 

おやすみ前、妊娠・授乳期のコーヒータイムだけでなく、カフェインの摂りすぎが気になる方にもおすすめです。その日の体調や気分に合わせて選べるよう、いつものコーヒーと一緒にひとつ置いておくのもいいかもしれませんね(^^)/

 

 

  過去のコーヒー豆知識はこちらから➡➡



商品のご購入について


下記の4ショップにてインターネット販売をしております

ボタンを押すと各ページへ移動します


今すぐ注文!

楽天ポイント派!

T-POINT派!

ついでに買えちゃう!





 

「アビステラ」はコーヒー発祥の地であるエチオピアの“アビシニア高原”と 

ラテン語で星を意味する“ステラ”を合わせた造語です。

 

コーヒー生産地への敬意と

コーヒーの世界でキラリと輝く存在になりたいという願いを込めました。

 

ロゴはエチオピアが原産の“アビシニアン”というネコをイメージしています。